• 木. 7月 25th, 2024

中国貿易ニュース|貿易BIZ|HONG KONG JCBO LIMITED

中国一帯一路コンサルタント 小谷 学が編集:中国貿易ニュース:RCEP自由貿易協定:BRICS:グローバルサウスとの貿易の実態知る!

中国貿易ニュース|貿易障壁により輸送ルートが再編され、中国の太陽光発電産業は中東の新たなホットスポットに転用される

ByKOTANI

6月 19, 2024

中国貿易ニュース|貿易障壁により輸送ルートが再編され、中国の太陽光発電産業は中東の新たなホットスポットに転用される

2024-06-19 19:02

海外進出は新しい話題ではありませんが、トレンドの方向性は静かに変化しています。 6月には太陽光発電会社2社が、この新たなホットスポットを掌握するために中東に工場を建設する計画を相次いで明らかにした。

「中東市場に参入せよ、強さは日和見主義よりも大きい」とジンコソーラー会長の李賢徳氏はかつて語った。一部の内部関係者は、中東諸国は中国の太陽光発電製造政策に比較的友好的であり、海外で掴むチャンスはまだ大きいと指摘している。
もちろん、この方針転換の背後には、中国の太陽光発電企業が欧米市場への輸出の重要な拠点となっている東南アジアからの別の冷気もある。東南アジア4カ国に対する2年間の太陽光発電料金免除政策が期限切れになったことを受け、米国は反ダンピング調査を再開し、6月初旬に暫定判決を下した。

海華永台法律事務所のシニアパートナーであるYu Shengxing氏はシェルファイナンスの記者に対し、中国の太陽光発電産業の輸出に関して米国やその他の国が開始したさまざまな反ダンピングおよび相殺調査は、実際には国際的な政治経済的背景全体の縮図であると語った。 。今年は米国の選挙の年であり、その頃には米国の政策がより強硬になることが予想される。

貿易障壁によって航路が再編される中、中東は中国の太陽光発電産業にとって新たな祝福となるだろうか?
多くの企業が中東に工場を建設する計画を発表しており、新興市場にどれほどの可能性があるかを示している。
2024 年に入っても、中東は太陽光発電輸出の「新たなホットスポット」となり続けています。

Junda Shares(002865.SZ)は6月13日、同社とオマーン国商工投資促進省傘下の政府機関であるオマーン投資庁と共同で「投資意向協定」を締結したと発表した。はオマーンでの年間生産能力を10GWに投資し構築する計画で、このプロジェクトは2段階に分けて実施され、各段階は5GWとなる。プロジェクト投資額は約7億ドル。
Jundaは、2021年9月にJietai Technologyを買収して以来、太陽電池事業に参入している。2023年末時点で、P型PERCセルの生産能力は9.5GW、N型TOPConセルの生産能力は約40GWとなっている。

上場企業は、海外の主要国は太陽電池に対する技術的障壁が高く、人材や研究開発に対する高い要求などの要因により、海外の太陽光発電の生産能力は主にコンポーネントであり、太陽電池の生産能力であると述べた。比較的希少です。このプロジェクトの設立により、オマーンの太陽光発電産業チェーンの形成が促進され、より多くの関連支援企業がオマーンに定住するよう誘致されることになる。

GCLテクノロジー(3800.HK)も6月初旬、初の海外シリコン工場の進捗状況を発表した。この工場はアラブ首長国連邦に建設される予定で、そのパートナーはアラブ首長国連邦の完全子会社であるMDC POWER HOLDING COMPANYである。エミレーツソブリンファンドムバダラLLC。 GCLテクノロジーは、「アラブ首長国連邦において世界的かつ地域的に重要な包括的なシリコンエコシステムを確立する」ために、ムバダラとの協力の可能性を模索すると発表した。

6月のSNEC展示会中に、サウジ国際電力・水道会社(「ACWAパワー」)は、中国の太陽光発電モジュールサプライヤー3社、Jinko、Longi、Tongweiと「太陽光発電モジュール枠組み協定」を締結した。これまでに、CITIC Bo、TCL Central、トリナ・ソーラーなどの企業も中東への拡大計画を明らかにしている。

InfoLink の太陽光発電アナリスト、Zhao Yi 氏は、東南アジアにおける主要材料と補助材料の配置がより完全になったことに加え、米国の奨励政策と現地の生産能力のギャップが世界の太陽光発電企業の配置を引き付けていると述べた。これら二大市場に加え、中東の需要も着実に伸びており、欧米への輸出ルートや「一帯一路」のビジネス環境の可能性も過小評価することはできません。

中東市場の可能性は何ですか? InfoLink のデータによると、中東市場における太陽光発電製品の需要は 2023 年に約 20.5 ~ 23.6 GW となり、今後も着実に成長を続け、2027 年には需要が 29 ~ 35 GW に達すると予想されます。
「中東市場に参入するときは、強さは日和見主義よりも重要です。」ジンコソーラーの李賢徳会長は最近のインタビューで、中東に進出する企業はグローバル化する能力が必要であり、特に契約を結ぶ際には注意を払うべきであると述べた。さまざまな詳細、特に補償に関する詳細。同時に、中東でビジネスを行う企業は、市場状況の一時的な変化による契約違反を避けるために最善を尽くす必要があります。契約違反に対する現地の補償要件は、企業が長期的な計画を立てる必要があります。長期的な協力関係を確立し、安定的に収益を上げます。

東南アジアでは再び反ダンピング調査が行われているが、企業はどこへ向かうのか?

中東がホットスポットになる裏で、中国の太陽光発電企業の欧米市場への重要な輸出拠点である東南アジアが再び冷え込んでいる。
東南アジア4カ国(カンボジア、マレーシア、タイ、ベトナム)の2年間の太陽光発電関税免除政策が終了したことを受け、米国は6月初旬、反ダンピングと反ダンピング調査を再開した( USITC) は、東南アジア 4 か国の太陽光発電製品に対する反ダンピングおよび相殺措置を可決しました。

「中国の太陽光発電産業の輸出に対して米国や他の国々が始めたさまざまな反ダンピングおよび相殺調査は、実際には国際政治経済全体の縮図である」と海華永台法律事務所のシニアパートナー、Yu Shengxing氏はシェルファイナンスに語った。記者らによると、今年は米国大統領選の年であり、今年5月に米国際貿易委員会が暫定判決を下した。米国商務省は、何を補助金とするかダンピングとするかについて事前決定を行うと予想されており、これらのタイミングは米国大統領選挙の最盛期と一致する。

Yu Shengxing氏は、今回の調査の対象となっている東南アジア4カ国の太陽光発電産業は主に中国からの資金提供を受けていると述べた。ダンピングや補助金に当たると判断された場合、米商務省は4カ国のさまざまな企業に相応の関税を課すことになる。企業の観点からは、訴訟全体を覆すのは難しくても、個別の企業が積極的に訴訟の準備と対応を行うことで、比較的有利な結果を得ることができるとの考えを示唆した。

東南アジアに生産能力を持つ多くのヘッドコンポーネント企業が最近調整を行っている。どこへ航行しても、海外進出という同社の決定は、投資収益率の計算に基づいてこの選択が利益を生む可能性があることを証明している。
Yu Shengxing 氏は、米国が太陽光発電産業の海外輸出にとって重要な市場となり得る根本的な理由は、依然として市場によって動かされていると考えています。もちろん、保護貿易主義の台頭も重要な要因である。 10年前と比べると、現在米国が始めた反ダンピング調査は、外国製品を「追い出す」だけでなく、国内の太陽光発電産業を活性化させ、さまざまな貿易制限を利用して外国企業の投資を奨励することも目的としているように見える。そして米国に工場を建設します。

By KOTANI

中国一帯一路:中国貿易コンサルタントとして活躍中