• 木. 7月 25th, 2024

中国貿易ニュース|貿易BIZ|HONG KONG JCBO LIMITED

中国一帯一路コンサルタント 小谷 学が編集:中国貿易ニュース:RCEP自由貿易協定:BRICS:グローバルサウスとの貿易の実態知る!

中国貿易ニュース|日本は太陽光発電など新エネルギー貿易分野で「中国に圧力をかけたい」

ByKOTANI

6月 19, 2024

中国貿易ニュース|日本は太陽光発電など新エネルギー貿易分野で「中国に圧力をかけたい」

 

2024-06-18 22:30

6月17日の日本経済新聞ウェブサイトの報道によると、米国と欧州は中国製電気自動車に対する輸入関税の引き上げを決定した。中国はこれに反発し、対抗措置に言及した。日本は米国や欧州の姿勢とは距離を置き、先端エネルギー分野では特定国に依存しない道を模索する。

報道によると、日本の立場は、中国製電気自動車に対して厳しい態度をとる米国や欧州とは異なる。日本の新車販売に占める電気自動車の割合は約2%にすぎず、日本の経済産業省関係者は「まだ国内産業に損害賠償を求めるレベルではない」と述べた。

報道によると、中国と日本は地理的に近く、大企業から中小企業に至るまで両国間で多くの取引が行われている。貿易対象として無視することはできず、関税などの貿易措置を取ることは難しい。プライスウォーターハウスクーパースのシニアエコノミスト、畑田尚隆氏は「関税引き上げは相手国の報復につながりやすく、事態のエスカレーションにつながる可能性がある。日本の産業を守るために関税を上げることが正しいのか疑問がある」と語る。 」

しかし、脱炭素化に不可欠な太陽光や風力などの再生可能エネルギー分野では、利害関係が複雑に絡み合う可能性がある。
報道によると、今後普及が期待される超薄型の次世代太陽光パネルや洋上風力発電の分野では、国内メーカーが生産を強化するとともに、中国企業の追い上げにも警戒しているという。

報道によると、日本は再交渉された中日韓自由貿易協定や世界貿易機関、その他の国際経済枠組みを通じて中国に圧力をかけ、中国に「不公平な行動」を改めるよう求める。

By KOTANI

中国一帯一路:中国貿易コンサルタントとして活躍中