• 木. 7月 25th, 2024

中国貿易ニュース|貿易BIZ|HONG KONG JCBO LIMITED

中国一帯一路コンサルタント 小谷 学が編集:中国貿易ニュース:RCEP自由貿易協定:BRICS:グローバルサウスとの貿易の実態知る!

中国貿易ニュース|重慶、電力機器製造業を中心にASEAN諸国との貿易協力を強化

ByKOTANI

6月 19, 2024

中国貿易ニュース|重慶、電力機器製造業を中心にASEAN諸国との貿易協力を強化

2024-06-18 22:33

 

重慶、電力機器製造業を中心にASEAN諸国との貿易協力を強化

中国新聞社、重慶、6月18日(梁清清嘉南)2024年中国(重慶)・ASEAN電力機器製造業協力イノベーション会議が18日、重慶市涅陵区で開催された。このイベントにはASEAN10カ国から40名以上のゲストが集まり、電力機器製造産業分野における成都・重慶地域とASEAN諸国との協力強化を目的としていました。

RCEP産業協力委員会の徐寧寧委員長は、「電力機器製造業界における重慶とASEAN諸国の協力強化は、双方の経済発展に利益をもたらすだけでなく、第三国市場の共同開発にもつながる」と述べた。経済協力の最大の要因は電力機器製造に加えて産業協力である。産業以外では、重慶市は食品産業、漢方薬産業、物流産業において東アジア地域包括的経済連携協定(RCEP)加盟国との協力ニーズが大きい。

会議中、涸嶺区政府とRCEP産業協力委員会は戦略的協力枠組み協定に共同署名した。協定には、RCEP産業協力委員会が涸嶺市とRCEP加盟国との貿易規模の拡大を支援し、涌陵市が国内外での商談、交流会議、その他の経済貿易活動を支援することが盛り込まれている。同時に、RCEP加盟国の関連企業を涸嶺に招待して投資を視察し、実情に基づいて関連産業協力メカニズムを涸嶺に設立する。

マレーシア電気産業協会のタン・ユ・ゾン会長は初めて重慶を訪問しており、ここ数日涌陵の多くのケーブル工場や変圧器工場を訪問し、太陽光発電や新エネルギー分野における中国の発展を目の当たりにしており、中国人を心から歓迎している。東南アジアで展開するメーカー。同氏はまた、中国の多くの機械・電気製品の製造基準は東南アジア諸国には適していないとし、基準の相互承認や海外基準を満たす製品の製造が早期に実現されることを期待していると述べた。中国企業が世界に進出するために。

データによると、2023年、涅嶺とASEAN諸国の輸出入額は42億元(人民元、以下同じ)に達し、このうち機械・電気製品の輸出額は4億2,000万元に達し、前年比増加した。 140%。現在、福陵は新化学材料、金属材料、新エネルギー自動車、生物医学、食品・農産物加工などの産業を中心にASEAN諸国との協力を推進している。

会議では、重慶科宝ケーブル有限公司はベトナム建設請負業者協会、マレーシア建設業者協会、ミャンマー建設業者連盟と、建設、汎用製品、ビジネスチャネルの拡大の分野での交流を強化するための戦略的協力協定を締結した。お互いにビジネスチャンスを促進します。」

By KOTANI

中国一帯一路:中国貿易コンサルタントとして活躍中