• 木. 7月 25th, 2024

中国貿易ニュース|貿易BIZ|HONG KONG JCBO LIMITED

中国一帯一路コンサルタント 小谷 学が編集:中国貿易ニュース:RCEP自由貿易協定:BRICS:グローバルサウスとの貿易の実態知る!

中国貿易ニュース|香港特別行政区政府:CEPAに基づくサービス貿易のさらなる開放に関する実質的な協議の完了を熱烈に歓迎

ByKOTANI

7月 1, 2024

香港特別行政区政府:CEPAに基づくサービス貿易のさらなる開放に関する実質的な協議の完了を熱烈に歓迎

2024-07-01 20:11

 

香港、7月1日(黄銭天記者) 香港特別行政区の李家超行政長官は1日、商務部と香港特別行政区政府が「本土と香港」の下でさらなる開放を実質的に完了することを歓迎すると述べた。

サービス貿易に関する「香港経済緊密化協定」(CEPA)協議では、両当事者ができるだけ早く新しい協定の本文を完成させ、それぞれの承認手続きを完了した後に正式に協定に署名し、履行することが期待されている。

商務部は1日、商務部が関連部門および香港特別行政区政府とともに最近、CEPA合同運営委員会の第3回高官会議を開催し、CEPAに関する新たな改定協議が実質的に完了したと発表した。

本土と香港の間の CEPA サービス貿易協定。新たな改定ラウンドは、本土と香港の間のサービス貿易における開放協力をさらに深化させ、香港のガバナンスと発展の実現を支援し、国のハイレベルな制度開放を支援することになる。

李家超氏は、中央政府の香港特別行政区に対する強力な支援に心から感謝すると述べた。 CEPA は常に、本土と世界の他の地域との間の架け橋としての香港の役割を強化し、香港の競争力を強化してきました。 CEPAサービス貿易協定の新たな改定により、本土と香港の間の経済貿易協力がさらに深まり、業界がより広範な開発スペースを獲得し、国家発展の機会をよりよく掴むことが可能となり、これは非常に重要である。

報道によると、本土と香港は2015年11月にCEPAの枠組みに基づくサービス貿易協定を締結し、基本的に両国間のサービス貿易の自由化が実現した。その後、両国は2019年11月に香港へのサービス貿易のさらなる開放を目的とした「CEPAサービス貿易協定の改正に関する協定」に署名した。 CEPAサービス貿易協定の現在の枠組みに基づき、本土は153のサービス分野を香港のサービス産業に全面的または部分的に開放し、香港の企業や専門家が優遇措置を受けて本土でビジネスを展開できるようにした。

By KOTANI

中国一帯一路:中国貿易コンサルタントとして活躍中