今年の最初の5か月で、中国の商品貿易の輸出入総額は前年比6.3%増加しました。


今年の最初の5か月で、中国の商品貿易の輸出入総額は前年比6.3%増加しました。

2024-06-08 00:04

6月7日、今年上半期の対外貿易輸出入通信簿が「発表」された。税関総署が発表したデータによると、2024年上半期の中国の物品貿易の輸出入総額(以下同じ)は17.5兆元で、前年比6.3%増加した。 。このうち輸出は6.1%増の9兆9500億元、輸入は6.4%増の7兆5500億元、貿易黒字は5.2%増の2兆4000億元だった。

単月で見ると、5月の輸出入は3兆7,100億元で前年同月比8.6%増となり、伸び率は4月より0.6%ポイント高かった。

東方金城の研究開発部門責任者の馮林氏は証券日報の記者とのインタビューで、全体として外需の回復と対外貿易政策の安定化の効果が継続していることが、経済成長のプラス成長の主な理由であると述べた。年初からの輸出。さらに、中国の自動車輸出は引き続き高い成長率を維持しており、これは中国の対外貿易輸出構造が最適化していることを示しています。

今年の最初の5か月で、中国の一般貿易、加工貿易、保税物流輸出入はすべて増加しました。具体的には、最初の5か月で、我が国の一般貿易輸出入額は11.4兆元で、5.6%増加し、我が国の対外貿易総額の65.1%を占めました。同期間の加工貿易の輸出入額は1.6%増の3兆0200億元に達し、17.3%を占めた。また、保税物流を通じた中国の輸出入額は2兆4,200億元に達し、16.5%増加した。

貿易相手国としては、ASEAN、米国、韓国への輸出入が増加しています。最初の5か月間、ASEANは中国の最大の貿易相手国であり、中国とASEAN間の貿易総額は2兆7,700億元で、10.8%増加し、我が国の対外貿易総額の15.8%を占めました。 EUの貿易総額は2兆2,300億元で1.3%減少し、我が国の12.7%を占め、中国のASEANとの貿易は第3位の貿易相手国となった。中国と米国間の貿易総額は1兆8,700億元で2%増加し、10.7%を占め、中国の第3位の貿易相手国であり、貿易総額は第4位となった。中国と韓国間の貿易額は9,274億3,000万元で7.4%増加し、5.3%を占めました。同じ期間、我が国の「一帯一路」共同建設国への輸出入総額は8兆3100億元で、7.2%増加した。

貿易相手国に関しては、最初の5カ月でASEANなどの新興国市場への中国の輸出が急速に伸び、他の国々への輸出も増加したと分析した。伝統的な市場は改善しており、取引相手がより多様であることを示しています。

外国貿易主体の観点から見ると、民間企業と国有企業の輸出入が増加した。最初の5ヶ月間の民間企業の輸出入額は9兆5,800億元で11.5%増加し、中国の対外貿易総額の54.7%を占め、前年同期比2.6ポイント増加した。国有企業の輸出入は2兆7900億元で1.9%増加し、中国の対外貿易総額の54.7%、対外貿易総額の15.9%を占めた。同期間の外商投資企業の輸出入額は5兆0900億元で、0.1%減少し、中国の対外貿易総額の29.1%を占めた。

輸出製品では、機械・電気製品が輸出の6割近くを占め、その中で自動情報処理装置とその部品、集積回路、自動車の輸出が増加した。最初の5か月で、中国は5兆8,700億元の機械・電気製品を輸出し、7.9%増加し、総輸出額の59%を占めました。このうち、自動データ処理装置とその部品は9.9%増の5,544億6,000万元、自動車は23.8%増の3,297億元、 10億元、2.8%減少。

5月の自動車輸出の伸び率は引き続き全体の輸出伸び率を大幅に上回っており、主な原動力は新エネルギー車の輸出の大幅な伸びによるものだと述べた。新たな輸出の勢いという観点から見ると、新エネルギー車の輸出は急速な成長を維持しており、国境を越えた電子商取引に代表される新たな対外貿易フォーマットや新型モデルが外需の回復を受けて加速している。年初から回復したことがプラス成長の大きなプラス要因となった。

「6月に向けては、比較的安定した外需や輸出構造の最適化継続などの要因により、輸出は依然として成長を維持すると予想される」と述べた。